新着情報

浜崎貴司 弾き語りツアー in 恵庭

 

結成30周年を迎えたフライングキッズのフロントマン・浜崎貴司さんが、弾き語りツアーで「とものいえ2」にやってきます!

2018年、札幌での「ARAMAKI展」スペシャルライブに続いて、今年はARAMAKIの拠点・恵庭での開催です。会場となるのは、ARAMAKIの村上がさまざまな人たちと一緒に3年かけてつくり上げた元農家の一軒家。 昨年からは不定期で30〜40人規模のライブやイベントを開催しています。

遠く、パリの友人を通して知り合った浜崎さんとARAMAKIのコラボレーションでもある、今回のライブ。 ここでしか聴くことができない、シャケレレやシャケギターでの演奏をお見逃しなく! 恵庭でお待ちしています。

 

【浜崎貴司 弾き語りツアー “LIFE WORKS LIVE ~Since2011/終わりなきひとり旅”北海道スペシャル 前編 sono 153】

 

日時|2019年7月7日(日)19:00(開場18:00)

会場|とものいえ2(恵庭市林田228/Tel|090-9707-9005)

料金|¥4,600(ドリンク代別/チケット販売はローソンチケット Lコード:11866)

*小学生以上有料/未就学児童無料。大人1名につき未就学児童1名まで膝上可。但し、座席が必要な場合はチケット必要。

**ご来場の際は、会場駐車場、もしくは公共交通機関をご利用ください。

銭湯イベント『ふろカル』に登壇します!

2018年4月、株式会社北海道博報堂『新どさんこ研究所」が新たにスタートさせる『ふろカル』の第1弾の講師としてARAMAKIの村上と鹿川がお話しをさせていただきます。

ふろカル(FULOCAL)とは、銭湯のロビーや脱衣所を教室にしたカルチャースクールです。この20年で143軒 から39軒にまで激減してしまった札幌市内の銭湯(※)。かつては地域や家族のコミュニケーションの場として地域を温めていた銭湯を、ほんのちょっとだけ、新しくできないか、と立ち上がったプロジェクトです。

約1時間の講義のあとは、みんなでいちばん風呂に入ります。バスタオル持参で、ぜひお越しください!

 

※ 厚生労働省「衛生行政報告例」等より

 

日時|2019年4月7日(日)13:00~14:30(開場12:30)

会場|福の湯(札幌市北区新琴似7条6丁目6-1)

参加費|1,010円(入浴料込)

定員|30名程度

 

[問い合わせ]

主催・企画:新どさんこ研究所

HP|http://www.fulocal.net *講座の詳細やお申し込みは、HPをご覧ください。

ARAMAKI展@旭川

 

旭川市にあるデザイン事務所『カギカッコ』のギャラリースペースのこけら落としとして、「ARAMAKI展」を開催いたします。

カギカッコさんは、グラフィックデザインを中心に商品のパッケージデザインやブランディングを通して「地域のよいもの磨くおしごと」をしているデザイン事務所です。
ARAMAKIの代表作であるシャケバッグ、シャケレレはもちろん、家具やプロダクト、木箱の印刷に使用する『版』を使ったオリジナルTシャツ、トートバッグまで。カギカッコさんとコラボレーションした作品の展示も行います。
初日には、ギャラリーオープンの記念を兼ねたオープニングイベントも開催。ぜひ、遊びにいらしてください!

会期|2019年3月2日(土)〜16日(土)

時間|10:00〜17:00(初日は16:00オープン)

会場|デザイン事務所『カギカッコ』ギャラリースペース
  (北海道旭川市6条通7丁目31−24  YMS 2F[旭川郵便局向かい])

 

▼︎オープニングイベント
日時|3月2日(土)17:00〜21:00
参加費|1,500円(中学生以下無料)
ARAMAKIカレー担当、鹿川によるシャケカレーや飲み物をご用意してお待ちしています。

ARAMAKIホームページ、完成!

かねてより準備を進めておりましたホームページが完成しました!

僕らがいかにして鮭箱と出会い、どのように向き合っているのか。
シンプルなようで伝わりにくかったARAMAKIのやっていること、やっていきたいことを、みなさんにお伝えするのがこのサイトの役割です。
それをビジュアルとテキストで表現することは簡単なことではありませんでしたが、活動を続けていくなかでサポートしてくれる仲間たちと出会い、お陰でこうしてかたちにすることができました。

今後のイベントや展示などの情報は、ホームページを中心に、FacebookとInstagramでも発信していこうと思います。
ぜひ、隅々までサイトをご覧いただけると嬉しいです。

 

ARAMAKI
村上智彦
鹿川慎也

編集|川村庸子
アートディレクション&デザイン|佐々木信・石田愛実(3KG)
写真・映像|辻田美穂子
翻訳|辻田美穂子、Jon Cartwright

Special Thanks|村上道子、鹿川陽子